竹林の七賢


竹林の七賢の内のお二人でしょうか?
絵の上手な陶工の作で明治後期のなます皿です。
腕の立つ陶工がいたのも、この頃までで以後は機械化が進んで陶工に求められるスキルも様変わりしたようです。
骨董市で五百円、価格に見合わない優れ物と思います。





     2021-1-8