かん


中国固有の漢字の為、変換フォントが有りませんが缶という事です。
日本なら一括りに壺で良いのでしょうが、ありとあらゆる物品に固有の漢字が対応している中国ならではの文化です。
2019年の三国志展でお披露目されましたが日本人好みの産品が多い事に驚きました。
後に遣唐使、遣隋使が有るとはいえ日本文明の源泉は三国時代の中国に求めることが出来そうです。
正座をして膳で食事をし生魚を食するなど今の日本文化に通ずることが多いのです。
更に驚くことに和服の事を呉服とも言うでしょ、悠久の歴史の記憶が現在の日常にも存在しているのです。



      2021-4-4